かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 前半戦総括@〜投手編

<<   作成日時 : 2005/07/24 02:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

オールスターも終わり、いよいよ来週火曜日からはペナントが再開される。
今日のオールスター第二戦でも、赤星の盗塁、今岡の先制打、金本猛打賞、鳥谷の新人賞受賞へと繋がる安打、そして藤川球児の好投、と今後に期待を持たせる内容のある活躍を見せてくれた。

後半戦が始まる前に前半戦を振り返っておきたいと思う。


まずはなんといっても阪神のJFKこと勝利の方程式の三人の活躍が挙げられる。
ジェフ・ウィリアムスは過去の実績もあるし、そこそこはやれるとは思っていたが、
藤川球児の神がかり的な投球には、優○(自主規制)のあかつきにはMVPをとの声も
上がるほどだ。
また当初はかなり不安定であった久保田が不動のストッパーとして成長したことも大きい。
久保田劇場と揶揄された開幕当初の面影は既になく、ストレート、スライダーともに
抜群の冴えを見せている。

先発陣では下柳の好調、杉山・安藤の躍進、ブラウンの幸運等が挙げられるだろうか。
できることならこの中に能見や太陽の名前を挙げたかったのだが。
後半戦に期待したい。

左右のエースとして期待された井川、福原両投手は決して満足いく成績ではなかったはずだ。
井川は9勝こそしているが、防御率は悪く、それほど貢献しているとの印象はない。
福原もいい投球こそするものの、援護不足によりなかなか勝ちが付いてこない。
このあたりはブラウンの幸運さを分けて欲しいものだ。
しかし逆を言えば二人が本調子でないにも関わらず、この順位にいるということは
後半戦でこの二人がピシッとした投球をすれば、未来は非常に明るい。

前述の投手だけでなく、目立ちはしないが新人橋本、江草の存在も大きい。
彼らが勝利の方程式に入ってこられないほどの層の厚さは脅威である。
どこかの○売などは喉から手が出るほど欲しいはずだ。
このほかに怪我で出られない金澤、三東がいるというのが凄い。彼らが故障していなかったら
と思うと、自分の応援するチームとはいえとんでもないチームになっていただろうと思う。

投手陣がよければ、大敗はしない。現に7月に負けた試合はすべて一点差であった。
非常に自力が付いてきたと感じる。このあたりは次回で詳しく述べたいと思うが、
勢いに任せて勝ちまくっていた03年とは明らかに違う。今年のメンバーのほうが強いという
声があがるのはこのあたりを踏まえてのことと推測される。

(次回へつづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
祝MVP広島の前田(球宴)
昨日行われたオールスター第2戦は甲子園で 僕が一票入れた広島の黒田とホークスの杉内の先発だった(^v^) セが阪神勢の1回裏の活躍に杉内から3点を取りリードし パもロッテ李のホームランやケガをしてる 城島がホークス時代先輩(現ジャイアンツ)で 工藤からのホームラ ...続きを見る
芸能&スポーツ瓦版
2005/07/24 15:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前半戦総括@〜投手編 かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる