かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自信とウヌボレ

<<   作成日時 : 2005/08/07 17:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

自信とウヌボレは紙一重。
昔から抱いていた疑問を思い出すきっかけになったのはあるメルマガを読んだときだった。

中学生のころ、自分で言うのもなんだが、成績は良かった。
今まで人に言ったことは無かったが、入学後、最初の中間テストでは学年1位をとってしまった。

冷静に分析すれば、当時みんな試験勉強なんてしていなかったのだと思う。
それくらいのんびりした田舎の中学校だから。しかし僕はいいのか悪いのかわからないが、
馬鹿みたいに真面目だったから試験→勉強しなければ という固定観念に縛られ、
しっかり勉強してしまっていた。

話題がずれたが、学年1位だったことを当然両親にも報告した。しかし褒められた記憶はない。
正確に言えば多少はあったのかもしれないが、印象には残っていない。
変わりに心に残っているのは「世間は広い。自惚れてはいけない」という言葉。

これは慢心しないようにとの親心であることはわかる。確かに世間は広く、田舎の
中学校とはいえ1位というある意味これ以上目標のないところで満足してしまっては、
今後の向上心に悪い影響が出る可能性もあった。
阪神タイガースの赤星選手も高校時代恩師から「お前より足の速いヤツなんて世間には
いくらでもいる。自惚れるな」と諭されたらしい。余談だがその恩師はこうも言っている。
「世間を知らなかったのは私のほうだった」と。

意図はわかる。しかし少しは褒めてもらいたかった、というのは今だから言えることか。
それが原因かどうかはわからないが、今まで自分に自信が持てずにいるのは、かつての
その戒めが呪縛になっているのだろうか?

そしてそのメルマガに出会った。
以下要約
「なかなか褒めてもらっていないから、自分のよいところに気が付かない。そして今度は部下や
子供を育てる際に、どうやって褒めてよいか解らない。褒めてもらえるというのは自分の得意な
分野であるが、できて当たり前と言われるといつまで経っても自分の得意分野が認識できない」

人間は褒められると「もっと頑張ろう」という気になる。少なくとも僕はそうだ。
とすれば、褒めてもらえばいい。
「僕はどんな人間ですか?」と聞くのではなく、「僕のどこが好きですか」と聞いてみる。
実際には恥ずかしくてなかなか難しいとは思うが、いろいろな場面で応用できると思った。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 自分が褒められた記憶があまりないから、子どもをうまく褒められない。これは私も同じです。私の妻は褒め上手。息子と娘を褒めまくっています。どうも芝居ではなく、本当に褒めているから子どももわかるみたい。なぜか。一人娘で育った彼女は両親、祖父母の愛を独占、どちらかというと窒息状態だったためのようだ、でもそれで我が家の子どもは気分いいみたいです。
一つの石
2005/08/07 22:14
一つの石さん、コメントありがとうございます。
奥様に褒められたお子様たちは、その嬉しさを知っているからこそ、
周りの人たちを褒められる優しい人になるような気が致します。
褒められて嫌な気持ちになる人はいないと思います。
どんな些細なことであっても、他人を褒めてみる。これは今後の私の課題に
していきたいと思っています。
かみたか
2005/08/08 01:21
かみたかさん、こんにちは。
僕もあまり褒められた記憶ないですね。
で、褒めるのが下手なのもそうですが、褒められるのに異常に弱いです。
褒められるとどうリアクションしていいか分からなくて、戸惑ってしまいますし、ちょっと褒められると、その人のために何でもしてあげたくなります。
こまつばら
2005/08/08 11:00
こまつばらさん、こんにちは。
最近よく書きますが、自分のことなんて実際自分ではあまりわかっていないものです。他人に褒められるという行為は、自覚していない新しい自分を発見する行為でもあると思います。そう考えれば戸惑いも軽くなりませんか?
私もあまり人を褒めたりはしない方ですが、それでも私は嘘は言いません。本当にそう感じ、伝えたいと思ったときだけ、お伝えするようにしています。
かみたか
2005/08/09 01:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
自信とウヌボレ かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる