かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 21年目の衝撃

<<   作成日時 : 2005/10/23 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

競馬の話題。

今日は京都競馬場でG1菊花賞が行われた。
菊花賞は三冠レース最後の関門。とはいえ二冠(皐月賞、ダービー)を制した馬のみにその権利が与えられニ冠馬がいない、もしくは参戦しない年はただのG1である。

僕も学生時代は調布に住んでいたこともあって、府中の東京競馬場には良く通ったものだ。
開門前の競馬場に並んだこともあれば、京都や札幌までレースを見に行くこともあるほどはまっていた時期もある。
最近は忙しいことを理由にかなりサボってる、というか無期限休養状態であった。

そんな僕も朝からドキドキが止まらない。21年ぶりの無配の三冠馬が生まれるかもしれないのだ。

その名誉ある挑戦権を獲得したのがディープインパクト。デビュー当時からその名に恥じぬ”衝撃”ぶりを周囲に与え続けてきた馬である。今日まで6戦6勝。すべてのレースで圧勝を続け、今日のメンバーにもライバルと呼べる馬はおらず、3冠はほぼ確定と言われていた。
しかし競馬も何が起こるかわからない。かつて同じく3冠確実といわれたミホノブルボンは刺客ライスシャワーの後塵を拝し、2年前にはネオユニヴァースがこのレースで敗れ去り夢をかなえられなかった。

だが、ディープインパクトはただならぬ雰囲気を持っていた。周囲が今日の勝利を確信している。それは三冠馬が観たいといった希望や願望ではないと僕は感じていた。本当の”強さ”をもったもののみが放つオーラがそういう雰囲気を創り出していたのだろうか。

僕もその雰囲気に飲まれつつあった。今日は大事な日本シリーズ第2戦が行われる。本来であれば、意識はそちらに集中されるはずであるが、やはり菊花賞も気になる。あのナリタブライアンが三冠馬になった翌年から競馬を見始めた僕にとっては初めてリアルタイムで三冠馬を目にできるかもしれない。それが現実のものとなった時に騎手は、観客はどうなってしまうのか。

今日はあえて馬券を買わないことにした。馬券を買うとやはり買った馬に注意が行く。また仮にディープインパクトが勝ったとしても馬券をはずしたとなるとその感動が薄れてしまうと思ったのだ。

遅めの昼食をとり、本場場入場の前にテレビの前に座る。
テレビも過剰なほど”三冠馬”にスポットを当て煽りまくっている。これは関係者のプレッシャーはただならぬものになっているであろう。唯でさえ緊張する局面である。それを異常に煽り立てる周囲。先ほども述べたが競馬は何が起こるか解らない。展開、メンバー、天気、馬場状態などで結果は変わる。かつて、強風で走る気を失ってしまった馬もいたくらいだ。
しかし今日負けたら・・・。すべての責任は、期待したファンの無念さから派生した怒りはどこへ向かうのであろうか・・・。

ゲートインが終わりゲートが開かれる。ディープ、今日は良いスタート。しかしこれがあだとなる。良すぎるスタートを切ったが故に少し引っかかることになった。テレビ画面を通じて必死になだめる騎手・武豊が映し出される。周囲には足元をすくわんとする各馬が虎視眈々と仕掛けどころを探っていた。二周目の向こう正面、やっと折り合いの付いたディープは先頭との差を詰め始める。そして最後の直線へ。先頭はアドマイヤジャパン。早々と抜け出すとそのまま差を広げる。対するディープは4コーナーで外に持ち出すと必死に前を追っている。
「届かない!」僕がそう思った瞬間、衝撃は三度訪れた。
一貫歩ごとに差を詰めると、並ぶ間もなく先頭馬をかわしさり、最後は差をつけてゴールした。

強い。この馬は強い。

ウイニングランを終えた武豊の表情は、まだ嬉しさを実感できている様子では無かった。
何度と無く拳を突き上げたが、それは彼のパフォーマンスであって、自然と出たものとは僕は思えなかった。
勝利騎手インタビューでも、彼は珍しく”素”の部分を出していたように思った。
嬉しさよりもほっとした、といった心中だろうか。
「嬉しいですよ・・・」とは言ったものの、言葉の端々にその気持ちは出ていたと感じた。

”3冠を達成した後の目標は”
「今は考えられない」
”今までの49勝(今日でG1、50勝目を達成)と比べてどうか”
「(言葉を選びながらも)今日は負けられないレースだったから・・・」

改めて想いを言葉にすることの難しさを感じた。下手なインタビューよりも静かに彼に焦点を当てた映像を流し続けていた方が、よっぽど彼の気持ちが捉えられるのではないか。

無敗の三冠馬が登場したのはシンボリルドルフ以来21年目である。
その衝撃の瞬間を目の当たりにできたことを光栄に思う。競馬は血のロマンだ。いずれこのディープインパクトの血を引く馬が、父親以上の衝撃を僕らに与えてくれる日がくるだろうか。
そんな壮大な夢に想いを委ねる日があってもいい。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菊花賞ディープインパクト3冠達成
競馬の菊花賞が行われ1.0倍で圧倒的な人気で ディープインパクトが無傷での3冠を達成した ...続きを見る
芸能&スポーツ瓦版
2005/10/23 18:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ディープインパクト、3冠達成したんですね。引退後(気が早い)は、きっと、なんとかインパクトって馬がいっぱい生まれるんでしょうねぇ。ディープなんとかってのもあるんでしょうけど、ディープパープルくらいしか、かっこよさげな名前が浮かびません。
桃色行政書士やなぎ
2005/10/24 18:35
見事な三冠でした。
サンデーサイレンスも最後にとんでもない大物を送り出したものですね。
「ディープパープル」か。ありそう・・・。
私はディープパープルというと「王様」を思い出します(知ってます?)
かみたか
2005/10/24 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
21年目の衝撃 かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる