かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スタンディング・オベーション

<<   作成日時 : 2005/12/21 02:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日生まれて初めてフィギアスケートを見た。
それも別に見るつもりがあって見たわけではなく、たまたまテレビのチャンネルを変えていたら目に入ったのでなんとなしに見ていただけである。

丁度安藤美姫が滑っていたところで、話題の人物の滑りとはどんなものだろうと、軽い気持ちで見始める。ところが調子が悪かったのだろうか、私の見ている前でジャンプに失敗。数回転倒の場面を見ることになってしまった。笑顔が印象的な彼女であったが、さすがにその日に笑顔はなかった。

ふーん。難しいんだね。と多少の失望を感じながらもそのまま見続けると、最後に登場したのはこれまた話題の浅田真央。やけに煽るナレーションが気になりつつも、演技スタート。

冒頭にも述べたが、私はフィギアスケートを真面目に見るのは初めてである。したがって、技術的なことについてはまったくの素人で、何もわかってはいない。だが浅田真央の滑りにはそんな私の心までも掴んでしまう何かがあった。楽しそうなのびのびとした滑り。ジャンプを成功させて思わず出たガッツポーズ。若く、まさにはつらつとした滑りであったと感じた。

そのことは演技終了後、観客がスタンディング・オベーションで彼女を讃えたことにも現れていたのではないだろうか。観客を魅了する、そんな言葉の具体例としてふさわしい事例であったのではないか。

どうやら彼女はトリノにはいけないらしい。正直残念だ。もう一度大舞台で彼女を見てみたかった。
だが、とんでもない15歳の登場である。
人は輝くべき舞台において輝く。彼女がフィギアスケートという競技を選んだことが奇跡だ。
さて、私が輝くことのできる舞台はいったいどこであろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
かみたかさんの舞台、二丁目に用意されてたでしょ。
行政書士やなぎ
URL
2005/12/21 18:29
セイセイセイ…。
あなた、何言ってるんですか〜。せっかく真面目な話題なのに…。

台無しフォー!
かみたか
URL
2005/12/21 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スタンディング・オベーション かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる