かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 足を負傷する

<<   作成日時 : 2006/01/13 02:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

正月明けからなんか右足首に違和感を感じていたら、ついに一昨日あたりから激痛が走るようになりました。歩く時は右足を引きずるように・・・。

僕は割りと歩くのが早い方なので、街でおじいちゃんに追い抜かれたときは本気で悲しくなりました。

尋常ではないと判断した僕はついに病院へ。骨折か?!心当たりが無いだけに募る不安・・・。
松葉杖をついて帰ってくることになるのか?これからスキーシーズンなのに・・・。

整形外科でのやりとり
先生「痛いところを言ってください(といって僕の右足を触り始める)」

僕「・・・。そこ!痛いです」

先生「腱鞘炎ですね」

僕「・・・。」

終わりかい!!

僕「レントゲンとか取らないんですか(期待)」

先生「必要ありません」

僕「・・・。」

かくして湿布と痛み止めをもらって帰ってきました。所要時間10分。
また痛み止めが面白いように効いて、今は痛みもなし。恐るべし医者!
御心配をおかけしましたが、僕は元気です。

でも怪我してみると、いかに今の社会がバリアフリーというものに程遠いかがわかりますね。
永遠と続く地下鉄の階段。恐怖以外何者でもない通勤ラッシュの駅。
なんとも無ければ意識もしないのだけれど。
自分が弱っていると人にやさしく出来るのでしょうか?
駅で体調悪くてうずくまっている人がいたので、声をかけました。普段なら恥ずかしくてなかなか出来ないことなのですが。

結局駅員さんにお任せしてその場を離れましたが、大丈夫だったのかな?
今もちょっと気になります。自分がなんとも無かったので余計・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
若者は老人に冷たく、結局、老人の苦労を知る老人が、一番老人にやさしいのだそうです。
桃色行政書士やなぎ
URL
2006/01/13 17:11
う〜ん。そんなものなのでしょうね。

治った気でいたら、薬が切れたとたんに激痛に襲われました。
しばらくおとなしくしてるッス
かみたか
URL
2006/01/14 03:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
足を負傷する かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる