かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日は快勝なり

<<   作成日時 : 2006/04/03 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

<プロローグ>

今日の天気予想は雨。
起床時にはまだ降っていなかった。
私は今日神宮球場へ今期初となる観戦に行く。雨天中止だけは避けてもらいたいところだ。

試合開始は14時。30分前に球場に到着。毎回の儀式のように駅から球場への道の途中にある屋台で「大盛り焼きそば」を仕込む。これ正直それほど美味しくないのだが、なんとなく前を通ると買ってしまう。焼きそば好きを自称する故の性であろうか。

球場に着いても雨はまだ降っていない。なんとか持つかな?
相変らず阪神応援席(3塁側)はほぼ満員。対して1塁側は、これまたいつもの通り空席が目立つ。

連敗スタートとなってしまった阪神は先発に江草を立てる。
対するヤクルトはガトームソン。頑張れ江草!

<序盤戦>
初回の攻撃。先頭赤星がいきなりヒットで出塁。沸き立つ3塁側。
関本がきっちり送ってシーツ凡退のあと、アニキ金本。ここまで不調だが果たして・・・。

金本の当たりは鋭いライナーとなってレフト前へ。赤星生還、阪神先制!
湧きに湧く阪神ファン。まだ初回だけど。この人たちは優勝の瞬間とか目の当たりにしたら死んじゃうんじゃないかと心配するくらい。ま、私もそんな1人ではあるが。

その裏の守り。
江草ヒットと死球でいきなりピンチ。おいおいおいおい・・・。
でも球は低いところに行っているし、調子自体は悪くなさそう。
私の見たとおり、後続をきっちり断ってなんとか凌ぐ。

その後は調子がでてきたガトームソンに対し得点どころかヒットすら出ない。
試合は膠着状況に。

<中盤戦>
4回。それまでバツグンの制球を保っていたガトームソンが突如乱れる。四球2つでランナー1,2塁。ここで打席には鳥谷。不思議と鳥谷は私が観戦すると良く打つ。今日はどうだあ?

鳥谷の当たりはしぶとくセンターへ抜け、阪神待望の追加点。阪神2−0ヤクルト。

5回。赤星・関本の連打のあとにアニキ金本本日2本目となるタイムリー!!
阪神3−0ヤクルト。

6回。今期未だノーヒットの桧山の打席。当たりはふらふらっとショートの頭上に。
ダメもとで阪神ファン全員が祈る(実際あちこちで声が飛ぶ)「落ちろ(落とせ!)」
一度はショートのグラブに収まったかに見えたが・・・。「あ、こぼしてる・・・」
桧山、待望の今季初ヒット。どんな形でもヒットはヒット。これから波に乗ってくれよ〜。
これを矢野がしっかりと返す。矢野も今期初ヒット。もう私の周囲はお祭り騒ぎ。私もこのあたりからスイッチオン。

ヤクルトは走者は出すものの後続が続かず、無得点のまま。江草ナイスピッチング!
ベビーフェイスかつポーカーフェイスが今日は頼もしくみえる。

<終盤戦>
しかし今日の見所はこれからであった、ということは当時は知る由もない。

7回。厳粛なる儀式「ジェット風船乱射」を行い、後半戦へ再び緒を締める。
毎度の事ながらジェット風性を見ながら「綺麗ね・・・」と言うオンナと「綺麗だろ」というオトコの組み合わせが必ずいる。ま、いいけど。

先頭関本。鋭い打球が外野を襲う。「入った・・・」
本日1本目。昨年ホームラン0本の関本。早くも今期1号。
阪神ファンのボルテージが上がったところでシーツの打席。センターへひょろっと上がった打球が伸びる。時既に夕の刻。打球が一番見づらい時間帯だ。「行った?」という隣のおにーちゃんの声に身を乗り出す私。センター青木追うのを諦め、阪神本日の2本目。狂喜乱舞の阪神ファン。周りでは、知らない人同士がメガフォンを叩きあって喜びを分かち合っている。
心地よい風景である。だがこれはすぐにデジャヴとなる。

8回。
またまた打席にはシーツ。今度は打った瞬間にそれとわかるホームラン!!阪神今日の3本目。そして打席には金本が立つ。

そうその瞬間はついさっき見たようで、でも何度見てもその嬉しさは褪せることがない。

金本の当たりも吸い込まれるようにスタンドへ。阪神今日4本目。2イニング続けての連発。
これで阪神9−0ヤクルト。一方的な展開となった。
ヤンヤヤンヤのトラ党たち。

だがここでちょっと事件が。
この展開ならば誰もが江草の初完封を期待するところ。ところが9回表の江草の打席で代打がコールされる。どよめく3塁側。
そのとき、今までは嵐のような応援の中でほとんど声を出して応援していなかった初老の男性がついに「おかだ〜なにやっとんじゃ〜」と口を開く。黙ってられなかったんだね。みんなおんなじ気持ち。

まあそれも訳ありで、WBCに帯同したとはいえ決勝リーグでは一球も投げていないストッパー久保田に実践の感覚を取り戻させようという配慮であることはわかる。現に昨日は押し出しの四球まで与えているので、チームのことを考えればその判断もわからないわけではない。

その久保田もしっかりと?ホームランを打たれ完封勝ちはならなかったが、阪神今季初勝利は快勝でした。その瞬間をともにできて嬉しかったよ〜。途中から雨がパラついてきたけど、なんとか最後まで持ちこたえたのは我々ファンの熱き想いか?今日はヤクルトだけでなく天気予報にも勝ったって感じかな。

ヒーローインタビューに立つ江草がまた泣かせる。
「雨の中最後まで応援ありがとうございました〜」

阪神に頼もしい左腕が加わった瞬間である。


<延長戦>
試合終了後スタコラといなくなるヤクルトファンを尻目に未だ興奮冷めやらぬ阪神側。
照明が半分落ちても誰も帰ろうとしないレフトスタンド。阪神ファンの素晴らしさ、そして一員である嬉しさを再認識させるひとこまである。

今日は寒かった。小雨と強風で冷え切った身体を温めるために近くのファーストキッチンへ。周りを見渡すと・・・。
ユニフォームを着たままの人。これは解りやすい。でもそれ以外でも・・・。
雨にぬれた顔を拭くタオルが阪神タオルだったり。
隣で家のカタログをみながら真剣に話をしている夫婦らしき人のかばんからメガフォンがはみ出していたり。

ま、みんな阪神ファンなのね。神宮なのにヤクルトファンに会わないのは不思議だねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。昨夜はヤクルトファンでなくても傘が役に立ったようですね。デジャブというのは、もしかして21年前の秋の出来事ですか!?
内部 正明
URL
2006/04/03 10:29
阪神に対する熱い思い、愛情が詰まった記事を読ませてもらいました。
まるで私もその場にいたような臨場感が味わえ、下手なスポーツ番組のレポーターより分かりやすいですよ。
いつもながら描写力凄いですね!
マシャ
URL
2006/04/03 12:00
内部さん

昨日は初めてヤクルトファンを少し羨ましく思いました。
応援と雨よけが一緒にできるとはなんと合理的な。
でもやっぱり地味だなあ。阪神の応援の方が遥かに盛り上がっていましたよ。

3連発、なかなか難しいものですね。
かみたか
URL
2006/04/03 22:15
マシャさん

書いているうちに興奮が甦ってかなりの長文になってしまいました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

おまけにお褒めのお言葉を頂戴して…。

ただ感じたままに書いているだけなのでお恥ずかしい限りですが、自分はやっぱり阪神ファンなんだなあと改めて思います。
かみたか
URL
2006/04/03 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本日は快勝なり かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる