かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 虎戦士たち・・・E アニキ世界記録達成特別編

<<   作成日時 : 2006/04/10 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006年4月9日。偉大な記録が生まれた。

金本知憲選手連続フルイニング出場904試合の世界新記録達成。
これがどんなに凄い記録かというと・・・。
7年以上ひと試合、いやひとイニングも休まずにグラウンドに立ち続けたことになる。すでにいろんなスポーツニュースや新聞で言われていることなので今更ではあるが、これはとんでもないことである。

自分自身の体調管理はもちろんのことではあるが、野球ではプレー中の回避不能の怪我もある。
それ以外にも数々の局面で戦略的に代打・代走・守備固め等を使われる可能性もある。

つまり金本は自分の体調等以外にも、首脳陣に使いたい、代えたくないと思わせる選手であったことがわかる。長打はもちろん戦局に応じて繋ぎの一打も打てる。守備も上手い。走塁も素晴らしい。そのすべてを兼ね揃えている不世出の存在なのだ。

今丁度各局のスポーツニュースで金本の特集をやっているが、必ず出る場面が、2004年に中日:岩瀬から受けた死球だ。後に左手を骨折していることが判明したのだが、それからも金本は試合に出続けた。左手に力が入らず、右手一本でヒットを飛ばすシーンが何度となくテレビで放送され、コメンテーターたちが口々に「すごいね〜」などとのたまうが、当時その様子をナマで観ていた私は、そのあまりに痛々しい姿を、正直直視できなかった。

なぜそこまで?記録のため?フルスイングも出来ない状態で、出し続けることがはたして正解なのだろうか?

しかし金本はそんな状態でありながら虎の四番打者としてチームを牽引した。前述のまさに気迫で打ったとしか思えない安打やバントヒットなど、今できる最高のプレーで「記録のために出ている」という外野の批判を正面から跳ね返したのである。

金本の阪神への移籍が決まったとき、私は決して大喜びはしなかった。
確かに広島の四番として幾度となく阪神の前に立ちはだかってはいたが、相手チームのいち強打者が敵で無くなった程度の関心しかなかった。

だが彼が阪神にもたらしたものは限りなく大きい。
移籍最初の年、3番を任された金本は「赤星(2番)に盗塁王を、浜中(4番)に打点王を取らせる」と公言し、事実自分の成績よりはチームの為のバッティングに終始した。赤星の盗塁のために好球を見逃し、浜中のために繋ぎのバッティングを続けた結果、自身のホームランは激減した。
赤星はその年盗塁王を取り、チームの核弾頭としての地位を不動のものとしたし、浜中は怪我でそのシーズンは活躍できなかったものの、今シーズンは現時点でリーグトップの本塁打を放っている。

昨年、4番としての役割を要求された金本は37歳という年齢にもかかわらず、打率・打点・ホームランにおいて自己最高の成績を収めている。そのことからも03年の金本がいかにチームバッティングに徹したかがわかる。

そしてこれも幾度と無く言われることであるが、その真摯な姿勢・怠らない努力はチームに大きな影響を与えた。
昨年盗塁を試みた際に相手選手と接触し脇腹の骨にヒビが入った赤星も、ほとんど休むことなく戦線に復帰している。「金本さんの前で休めませんよ・・・」

背中で引っ張っていける選手。たしかに球界には他にも大打者はいるだろう。しかしながらこの点において現時点で金本以上の存在はいるのだろうか。否という答えを私自身はもっているのだが。

「ぼくだけでも代走も守備固めもいらない選手になる」
広島時代に怪我人続出で苦悩する監督をみて、金本はそう思ったらしい。これがすべての原点。この想いを胸にした時から今の金本は始まった。
金本は今も進化し続け、そしてその精神は掛け替えの無い財産としてこのチームに浸透していくのだろう。
「目標は何試合までですか?」などと野暮なことを周囲は聞くが、それは誰にもわからないことである。ただ言えることは、レフトの守備位置に金本がいる間は彼の活躍は間違いないということだけである。


ちなみに私は入社以来7年間一度も病欠はない。金本イズムの継承者がここにもひとり・・・。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アニキ金本 世界のアニキへ!
阪神金本選手が 連続試合全イニング出場記録 世界記録達成となる904試合を達成した! すばらしいの一言です! こころからおめでとうございます。 一野球ファンとして 金本選手の野球にかける姿勢のすばらしさを 大いに賞賛致したいと思います。 努力根性はもちろん必要な記録ではあるが それ以上にきっちりとした成績を残せないと とてもではないが顔だけで達成できるものではない。 二度の優勝、通産打率,306 トリプル3達成(3割30本30盗塁) など数々の輝かしい記録を残して... ...続きを見る
From 大通り公園 to 札幌ドーム
2006/04/10 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
期待以上の記事、ありがとうございました。
これでまた睡眠時間が減ってしまいましたね?!
私のようなにわかファンには分からない、金本のアニキの「原点」を知りました。移籍なんかせずに1500試合までずっとこのまま、阪神に骨をうずめて欲しい選手ですね。
マシャ
2006/04/10 16:31
 テレビニュースからだけではわからない、アニキのすごさを知りました。自分の記録にこだわらない、チームの為にプレーする、常人には到底真似できないすごさですね。
桃色行政書士やなぎ
URL
2006/04/10 22:17
マシャさん

いつも御訪問ありがとうございます。
アニキは阪神の宝でもあり、東北の宝でもありますね。

もうアニキなしのタイガースは考えられません。
そしてアニキがグラウンドからいなくなるということも今は考えられないなあ。
かみたか
URL
2006/04/11 02:06
やなぎさん

チームのため…。

個人競技ばっかりやってきた私には一番苦手であり、でもどこか憧れる響きですね。

やなぎさんとのおばかな話は見事なチームプレイだと自負してるんだけど。
かみたか
URL
2006/04/11 02:07
こんばんは。
大変凄い記録ですね。
自己管理、全力プレー、気骨等素晴らしい限りですね。
辺ちゃん
URL
2006/04/11 22:52
すごい!この記事だけで、アニキ通になれそうです(笑)。
私もアニキは、記録のことなんてどうでもいいんだと思うんですよ〜。
チームへの貢献は勿論ですが、自分自身への飽くなき挑戦ではないかなぁ・・・と。そんなところをめっちゃ尊敬しています。
記録は目標ではなくって、後からついてきたものですよね♪
コマちん
URL
2006/04/11 23:49
辺ちゃんさん

御訪問ありがとうございます。

>自己管理、全力プレー、気骨等素晴らしい限りですね。
そうなんです。基本であり、簡単なように見えて一番難しいですよね。

是非またいらしてください。
かみたか
URL
2006/04/12 23:00
コマちんさん

こんばんは!!
そうですね。アニキは記録に固執するようなことはないと思います。
自身の限界がきたら自らその記録に終止符を打つはずです。

そうは言ってもアニキ以上の存在感と成績を残せる選手などそうはいないのですが…。これは阪神の強みでもあり、弱みでもあるなあ。
かみたか
URL
2006/04/12 23:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
虎戦士たち・・・E アニキ世界記録達成特別編 かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる