かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 海の向こうへ翔ぶが如く

<<   作成日時 : 2006/05/02 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ちょっと嬉しい報せ。

この日記を読んでくれているある人が、私の競馬に関する文章を読んで競馬に興味を持ったとのこと。
私の拙い文章で読者の方が新しい事への興味を持ってくれたということはとても嬉しいことである。少しは私も役に立っているみたいだ。

それではその話を受けて少しウマのお話を・・・。

世間はディープインパクトのことで持ちきりであろう。
強い馬は今までも存在していたが、競馬に興味の無い人までも巻き込むほどの影響力といえばオグリキャップやナリタブライアンまで遡る必要があるかもしれない。

昨日の天皇賞もケタ違いの強さを見せつけた。
躓いて出遅れるが、3コーナー手前で手綱を持ったまま徐々に進出。先頭に取り付くと4コーナーでは既に先頭。そのまま後続の追撃を許さず完勝だ。確かに相手は小粒とは言いつつもあまりの完勝ぶりに国内では敵なしと言わざるを得ない。

これを受けて陣営は海外遠征を明言。ディープの次の戦場はおそらくヨーロッパになるだろう。

キングジョージか凱旋門賞か・・・。そこでの勝ち負けについては私は述べるだけの知識もないし、この場で言うつもりも無い。
ただ、今回のディープインパクトの海外遠征の報を聞くに、かつて海外へ挑戦した馬たちが私の脳裏に甦る。

エルコンドルパサー。
その中の一頭だ。3歳でジャパンカップを制し翌年世界最高峰のレース凱旋門賞に挑戦した。
前哨戦のサンクルー大賞、フォワ賞を勝利し、本番への期待は否が応にも盛り上がる。

本番。時差により日本時間では深夜だった。私はラジオを前に雑音の混じる中継を聞いていた。しかし不思議と高揚感は無く、どことなく事務的な不思議な感覚であったことを覚えている。

レーススタート。雑音交じりのラジカセからは途切れ途切れに実況が聞こえてくるのだが、どうやらエルコンドルパサーは先頭を走っているらしい。それはレース終盤になっても変わらないようであった。
逃げるエルコンドルパサー。追う欧州最強馬モンジュー。日本馬初の凱旋門賞制覇はあっけなく達成されてしまうのか・・・。

私は手に汗を握って声を嗄らしながら・・・、ではなかった。正直に言うと「勝ってしまうのか?」と思った。関係者各位にとっては大変失礼な発言に聞こえるだろうが敢えて正直に言うことにする。

世界最高峰のレース凱旋門賞。それレースに勝ってしまったら次はどうなるのだろうか?
もう少し夢を見ていたかった。長い挫折の過程を経てやっと手にする栄光。それでこそ喜びは爆発する。勝手な事を言っていることは承知のうえで自分勝手にそれにはまだ早いと感覚的に思っていた。

実況の絶叫が聞こえる。勝ったのはモンジュー。一貫歩ずつ差を詰めたモンジューはゴール手前でエルコンドルパサーを差し切り、見事栄冠を手にした。

惜敗・・・。


あれから数年経ち、再び世界を狙えるスターホースが現れた。
ディープインパクト。
私の中にはもう迷いは無い。
心からディープインパクトを応援する。

淀で、府中で翔けぬけた天馬は遠く海の向こうでも栄光に向かって駆け抜ける。
翔ぶが如く!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、かみたかさん。私は、神戸・三宮で、競馬ファンの集う店「K−BAR」のマスターをしています柴ボンと申します。

K−BARでは、独創的な雰囲気と他に類を見ない企画などで、皆様に和気藹々と楽しんでいただける空間を用意しました。馬券検討はもちろん、愛馬や思い出の名馬の話で、連日盛り上がっています。どうぞ、お近くにお越しの節は、気軽に遊びに来てくださいね。
K−BAR 柴ボン
URL
2006/05/02 10:46
かみたかさん、野球ばかりでなく、競馬にもお詳しかったのね。
エルコンドルパサーの雪辱を、ディープインパクトが晴らせるといいですね。
かみたかさんの希望だと、艱難辛苦の末に。
桃色行政書士やなぎ
URL
2006/05/02 16:22
紫ボンさん

コメントありがとうございます。

三宮ですか。なかなか行けませんが、その際はよろしくお願いします。
かみたか
URL
2006/05/04 02:04
やなぎさん

いえいえ、詳しいわけではないんですが昔ちょっとかじったことがあって。

そうですね。ディープインパクトには期待しています。
海外でも勝ったらすごいな。盛り上がるでしょうね。
かみたか
URL
2006/05/04 02:08
おはよう御座います。
ディープインパクトは強いですね。
しかし、凱旋門賞は甘くはないと思います。
不安は輸送による体重減と深い芝生ではないでしょうか。
辺ちゃん
URL
2006/05/04 07:14
辺ちゃんさん

コメントありがとうございます。
確かに輸送や環境の違い、馬場状態の相違などクリアしなければならない関門は数多く存在します。ただ強いだけでダメというのが遠征の難しさでしょうね。

しかしながら期待せずにはいられない何かを感じさせます。
ブームが過ぎた競馬界の救世主となるか??
かみたか
URL
2006/05/06 03:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
海の向こうへ翔ぶが如く かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる