かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 止まる記録生まれる記録留まる記憶

<<   作成日時 : 2006/07/15 02:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

公私に渡りお陰様で忙しくさせていただいております。
初めて事務所に泊まってみたりとワクワクドキドキな一週間!
しかしながらその反面歴史に残る場面を見逃すことになったりするのである。

2006年7月12日。
この日ひとつの記録が途切れ、ひとつの記録が生まれた。

阪神:藤川球児、連続イニング無失点記録が47回2/3でストップする

前夜、同記録の球団記録を塗り替えた藤川球児。なんと2死から自身の暴投によりついに失点。記録が途切れる。

記録はいずれ止まる。だがこんな形で途切れることになろうとは・・・。
正直なところ私も球児が打たれて、敗戦という形で記録を止める夢を見たことがある。
しかしその夢の中ではみんな微笑んでいた。打たれた本人でさえも。
記録は止まる。しかし今まで築き上げてきたものの評価は変わらない。
そんな偉大な選手がいる事実。今まで勝ってこれた原動力。それはファンであればだれもが知っているはずである。

ここまで来れた事、素敵な夢を見せてもらったことに対し、賞賛こそすれど批判などありえないと思う。

「勝ててよかった」と言葉少なにロッカールームに消えた球児。その姿に悲壮感はなかったとデイリースポーツには記されている。
ただボールを取りそこなった捕手:野口の談話「オレだけサヨナラ負けした気分や」。
その悔しい気持ちもまた真実。日本一の美酒をともに味わうことで晴らして欲しいと願う。


阪神:金本知憲、350号本塁打

この日の2本のホームランで、アニキ、掛布を抜いて個人通算本塁打20位にランクイン。

連続イニングフル出場の記録を継続中のアニキにまたひとつ勲章が加わった。
アニキのホームランは効果的な一発が多い。今日の1発目も逆転2ラン、2発目は追加点の欲しい8回に駄目押しとなるソロ。意味のあるホームランでの達成にホントの価値がある。

アニキ金本の素敵なところを今日再発見した。
本日の試合、広島時代の同期入団で、昨年阪神の一員に加わった町田選手が移籍後初ホームランを放った。金本は満面の笑顔で町田を迎え、「自分のことより嬉しい」とのコメントを残した。スポーツニュースには町田の打球を必死に「行け!!」と叫んでいる(と思われる)金本の姿が映し出されていて、彼の心の深さに大変清清しい気持ちになったものだ。


途切れる記録もあれば生まれる記録もある。
記録はもちろん素晴らしい。しかし・・・

記録が途切れても試合後笑顔で仲間を讃える球児。その球児の球を止められず、悔しさを滲ませた野口。そして自身より仲間のホームランに最高の笑顔を見せる金本。

彼らの人間味あふれるその表情は決して記録には残らない。
ただ、私の記憶にはタテジマに袖を通した素敵な選手たちの想い出は消えることなく刻まれる。

トラファンであることを心から嬉しく想い、そして来るべき栄光の瞬間を夢見ながら静かに缶ビールを開ける。

乾杯!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
中田選手が引退しようとも、変わらず阪神ネタで1面を飾るデイリースポーツ。
かみたかさんのようなファンに支えられているからなのでしょうね。
私が昔巨人ファンだった頃、4番だった原選手は毎年20本以上ホームランを打っていたけど、チャンスには打てなくてソロが多かったな〜。
やっぱり金本のアニキは違いますね〜。
マシャ
2006/07/16 06:35
マシャさん

こんにちは〜。
デイリーは少しのことでは一面をトラネタ以外には譲りませんよ〜。
前にシーズン中に一度だけ阪神以外の人物が一面を飾ったことがありました。それは阪神にボコボコにやられて半泣き状態の原監督…。
ま、そういう新聞です。

原と清原はいいところで打った記憶がないですね。
もっともそれほど真剣にみていたわけではなかったですが。

アニキはひとつひとつの言葉や行動がもの凄く周囲に影響を与えていると思います。やっぱり「違う」感じですね〜。あ、完全にトラバカの会話ですね…。


かみたか
URL
2006/07/17 17:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
止まる記録生まれる記録留まる記憶 かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる