かみたかトラトラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津に散った虎たち

<<   作成日時 : 2007/01/08 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

テレビドラマ「白虎隊」を見てました。
2時間半、涙が止まりませんでした・・・。

それぞれの想いを命を懸けてぶつけ合った時代。
幕府軍と新政府軍、どちらが正しいとも間違っているともいえない。戦とはそういうものだとわかっているものの、やはり敗れ去るものたちへ感情移入してしまうのは仕方のないことなのでしょうか。

幕末好きな私は戊辰戦争最大の激戦「会津戦争」は前から興味を持っていて、舞台となった会津にも昔行ったことがあります。飯盛山、鶴ケ城・・・そういえば白虎隊士の墓を訪れたときは地元の人もビックリするくらいの大雪で、軽装だった私は墓参りに行く途中で凍死しそうになったことを思い出します。洒落になりません・・・。


生き方を選べなかった時代。
自分の子供を「会津武士の誇りを持って立派に死になさい」と言って戦場に送り出さなければならない母親。「死ぬ」ということがどんなことかもわからないままに、それを名誉と信じて受け入れる少年たち・・・。もちろん母親たちは本当はそんなことを願ってはいない。しかしそういう時代・・・。

報道によると最近は命を大事にしないひとたちが増えているようです。平成という今の時代を生きることもそれなりに大変であり、昔とは違う難しさもある。単純に昔より今がいいとは言うつもりは全く無いけど、それでも少なくとも生き方を選べる自由さはあの時代よりはあるはず。
「死ぬ苦しみは一瞬、しかし残されたものの苦しみは一生」
この言葉は今の社会にもっとも伝えなければならないことかもしれません。

大切なものを守りたい。その気持ちは今も昔も変わらないはずです。私も自分の周りの大切なものを命を掛けて守れるような、そんな男になりたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
かみたかさんの記事に感銘を受けたので、私のブログで紹介させてもらいました。
事後報告ですみません。
このドラマが「トラキチ」の目に留まって光栄です!
いろいろ言い訳したくなることはいっぱいありますが、生き方を選べる時代ですから彼らに恥ずかしくない生き方をしたいと思いました。
マシャ
2007/01/08 18:04
マシャさんのリコメンドで飛んできました。
テレビっ子ななのに見逃してしまい、残念です。
DVDレンタルか再放送に期待することにします。

今も大変ですが、選択する自由が与えられている分、私たちは幸せだと思います。
昔も今も変わらないもの、守るべきものを大切にしていきたいですね。
貫徹
URL
2007/01/08 19:12
マシャさん

いえいえ。御紹介いただきありがとうございました。

白虎隊は配役を見たときに「どうかな〜」と思ったのですが、思った以上に良かったですね。後編は最初から涙がビックリするくらい出ましたよ。

生き方を選べる時代。自分の選んだ生き方を精一杯生きたいですね。
と同時に、今はやり直しの効く時代でもあります。挫折した場合は違う道を考えられる柔軟さも時には必要だと感じます。
かみたか
URL
2007/01/09 01:25
貫徹さん

ぜひ見ていただきたいと思います。

そうですね。今は今で大変です。この時代に生きることは決して楽ではありません。選べるということは選んだ責任も生じるわけですから。それでもやはり幸せなんでしょうね。

私も守りたいものを守るために守れるだけの力を付けていかないと!
かみたか
URL
2007/01/09 01:30
聖と山P、カッコえぇ〜
と思いながらみていた自分が恥ずかしいッス
ジャ○ーズFANでゴメンナサイ
A子
2007/01/09 16:19
A子ちゃん

大丈夫。俺も最初は「黒木メイサかわいいな〜」とか「薬師丸ひろ子がお母さんだったらカ・イ・カ・ンだな〜」とかそんなことばっかり考えてましたゆえ…。
かみたか
URL
2007/01/10 00:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
会津に散った虎たち かみたかトラトラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる